注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

余剰資金で狙いたい。私のデジタル通貨戦略

  • 2022年6月5日
  • 2022年8月23日
  • 投資
  • 55回
  • 0件

結 論

私は資産形成は、株(ETF)などを、ドルコスト平均法で地道に買っていくのが良いと思っています。

しかしながら、ある程度の資産が貯まるまでに時間がかかりますし、投資を始めたのが40手前の時点なので、早いとも言えません。

そこで、余剰資金を使って、積み立ての他にある程度リスクをとっていこうと考え、目をつけているのが、デジタル通貨、特に今後数年のうちに大きな変化が予想されるCBDC関連です。

状 況

CBDC

デジタル通貨の中で、現在、投資家の注目度が低い反面、今後の成長が期待できる分野がCBDC(中央銀行デジタル通貨)ではないでしょうか。(注目度が低いというか、CBDCプラットフォームで直接が投資可能なものがあるというのがレアケースなのかもですが。)

CBDCとは、国の中央銀行が発行するデジタル通貨の事で、例えば、日本銀行が発行すればデジタル円を決済や送金に使える、というイメージでしょうか。すでに8割以上の中央銀行が何らかの検討段階に入っており、通貨のデジタル化は避けられない動きでしょう。

CBDC導入は中国が先行しており、すでに実証実験も終えているので、いつ導入されても不思議ではない状況です。中国だけに独占されるわけにはいかないので、日本やアメリカも導入検討に入っています。

EXCと国際規格

日本のベンチャー企業、GVE株式会社は、セキュリティーや決済速度で非常に高機能な次世代デジタル通貨プラットフォームを提供しています。

しかし、特筆すべきはその国際規格特許に関する経営戦略です。GVEの提供するEXCプラットフォームは、国際規格であるISO24643に適合するだけでなく、そのユースケースとして指定されたそうです。

国際標準化団体のメンバーになり、DXプラットフォームの国際規格になるであろうISO24643(ECMA-417)の策定に貢献しております。』とGVEのHPに記載されていました。

CBDCという未知の分野で、他社を圧倒するシステムを構築するだけでなく、国際規格をおさえる。CBDCに皆が注目して、競争が始まる前に、既に重要なパテントを抑えている。

恐るべき先見性、技術力、そして経営戦略。これが上場すらしていないスタートアップ段階のベンチャー企業というのは衝撃です・・・。

今後、どこかの国が通貨のデジタル化を検討する場合、国際規格に準拠したものを導入する必要がありますが、GVEのシステムが最有力候補として挙がってくるという事です。

今後の展望

EXCは海外のFOCREXという取引所で購入(投資)可能です。

現在の価格は1枚1万ドルほど。

時価総額を概算で計算すると、1万$×1万枚=1億$位でしょうか。(EXCは新規で1枚発行されるごとに1ドルづつ高くなります。)

仮に、どこかの国のCDBCに採用されると、最低限1兆円程度の時価総額は必要でしょう。つまり100億$なので、10万枚×10万$というところでしょうか。つまり、今の10倍程度の価値の上昇は十分に期待できると踏んでいます。(あくまで個人の予想です。)

株もありですが、
あまり注目されていないEXcoinを直接買ったほうが値上がりが期待できる・・・かも

https://www.bigboss-financial.com/ja?aid=pDdimDhi

世界で唯一、EXCを購入できる取引所(日本語も対応)

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デジタルマネー戦争【電子書籍】[ 房広治 ]
価格:968円 (2022/6/5時点)

楽天で購入