注目キーワード
  1. デザイン
  2. 表示速度
  3. SEO
  4. AMP
  5. PWA

【短文】毎日のシャンプー、ボディーソープをやめてみた(湯シャン)

1 うちの子のシャンプー事情

5歳の長男がとにかくシャンプーが嫌いで、いつも無理やり使っていました。
ですがあまり嫌がるので、試しに、シャンプーせずにお湯ですすぐだけにしました。

私は毎日シャンプーをしないと、髪がべたつくし、かゆくなるし、フケも多くなります。
だから息子も、すぐに頭がかゆくなって、「やっぱりシャンプーする」となると思ったのですが・・・。

一向に平気な顔をしています。
汗をかくのでお湯で洗ってはいますが、シャンプーもリンスも使用していません。

shower_man

でも、臭いもないし、フケも出ない。
シャンプーで洗いたてのようにサラサラって感じではないですが、
つやのある、むしろ健康的な髪に見えます。

子供だから大丈夫なの?
でも、子供の方が代謝が良く、むしろフケとかべた付きが出るのでは?

2シャンプーの歴史をしらべると

ネットで探すと。1965年の広告に『夏の髪の洗いは5日に1度!』と宣伝されていました。

つまり通常はもっと低い頻度でしか洗ってなかったということですよね。

ええ!そんなの絶対かゆくなるし、フケも凄いし、大変じゃないの?なんで平気なの?
あれ・・・?もしかして、逆?なの?毎日シャンプーするから、べたつく?

3 毎日のシャンプー、ボディーソープで何が起きているのか?

そのものズバリ書かれている本がありました。
以外とシャンプーを使わないって人も多いんですね。

シャンプーで洗浄しすぎると、頭皮に必要な皮脂も洗い流してしまいます。
それを補うため、体は必至で油を分泌し、髪がべた付くので私は毎日シャンプーを・・・。

体についても、ボディーソープが天然のバリアである体の皮脂まで洗い流してしまい逆に菌が繁殖するので加齢臭や体臭の原因となると書かれていました。

えええ・・・。正直かなり衝撃です。
毎日当り前にやっている事が、実は体にダメージを与えていたとは・・・。

4 まとめ

人間の体は急激な環境の変化に対応できていません。
我々の体は、原始時代と同じ設計・仕様であり、当時の環境に最適化されています。
現代、当たり前に行っていることがれ、原始時代の人もやっていたかな?と考えると、実は体に合っていなかった、なんてこともあるかも知れませんね。

私はシャンプーは毎日しないと痒くなるので止められませんでした。しかし、ボディーソープは徐々に減らして使わなくなりましたが、何の問題も感じていません。

試してみて、問題ない、と感じればやめる選択肢もありだと思います。

妻からも「加齢臭がしなくなった!」といわれます。

え?今まで臭かったの?Σ(・□・;)

 

↑シャンプーの話ではないですが、文明の急激な進化と人間の体のミスマッチ(進化医学からのアプローチ)から書かれていて、目から鱗でした。